フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

デコもじ

リンクバナー

  • KENZGARAGE

« 101. カブ カスタムとセピア色の思い出 | トップページ | 103. カブレーサーその40 スロットルバルブスプリングの強化 »

2012年8月21日 (火)

102. RT-1 ケッチン大魔王の逆襲


       今回は4MINIの話題を離れて痛恨の痛~い話題をお届けしよう。


         皆さんはYAMAHAのRT-1というトレールバイクをご存知だろうか?
            250ccのDT-1は名車として誉高いバイクだがその兄貴分として
         1970年の1年間だけ販売されたのが360ccのRT-1


Rt1_0031

   で、これはおいらがフルレストアして仕上げたRT-1
     10年位前部品交換会の会場で売りに出されていたものを見つけ購入した。

     さびさび、よれよれのポンコツ車だったがモトクロッサー仕様になっていて
     ぶっといキャラメルブロックのタイヤが妙に魅力的で野生のブロンコを
     イメージさせるかっこ良さにしびれてしまった。

     それからコツコツと純正部品を集め少しずつ作業を進めてきた。
     当然4MINIカスタムの合間にもこいつの作業は続けていた。
   
     このバイクについてはとことん ノーマル仕様にこだわっている。
     メッキとスポークの組み換えとシートの張替意外は全部自分で作業した。
     エンジンも腰上シリンダーボーリング ・ 腰下クランクオイルシールと
     ベアリングの交換迄手を入れた。 




Rt1_0051

     唯一ノーマルでない部分がこのテールパイプ。
       排気口付近がどうしても汚れやすい為ステンレスパイプで50mm程
       延長し、先端にインナーバッフルも追加した。


Rt1_0041

   前置きが長くなったが今回の標題の主役はこれ
  
     吹け上がりの状態がイマイチなので点火時期を調整
     調整が済んだ後 早く結果が知りたくて不用意にも短パン・普通の
     運動靴でキックしていた。キックすること数回 初めはデコンプをその都度
     使っていたが面倒になって使わなくなっていた。
     夏の暑さの中のキックは応える。 “クッソ~! この偏屈バイク ”
     途中で腹いせに後輪を蹴飛ばしたりする。 そして悲劇は起こった ・・・


  
 グギャァ~~ッ! と叫びたかったが激痛に声も出ない ・・・

     ××× ××× ××× ・・・ Woooooo~

     呻き声のみで しばしその場にうずくまる。

      そう、ケッチンを喰らったのだ。 しかも強烈なやつを ・・・
      バイクが蹴飛ばされて腹を立てて逆襲に出た ・・・・・?

Rt1_0081


   少し痛みが治まってからやっとの思いで立ち上がり恐る恐る右足の
     靴下を下ろしてみる。もしかしてくるぶしを骨折したか ・・・?

     よくよく見てみると当たった場所はくるぶしの少し上でどうやら骨折は
     避けられたようだ。 見る見る内にくるぶしの周りが腫れてきた。

     この画像はケッチンを喰らって約一時間後に撮影した写真
     おぞましい画像をUPしてご免なさい。しかし、恥ずかしながらこの痛み
     このケッチンが如何にすさまじいものだったかこの画像からお察し
     いただきたい。
     とりあえず間に合わせに冷やした保冷剤をハンカチタオルに包んで
     足首に縛り付け、湿布をしながらこのブログを書いている。



Rt1_b_0011

 今回の反省
   やはり、短パンで運動靴はまずかった。いつもならこのバイクのキックを
   するときは実際にライディングしなくてもブーツに履き替えるのだが
   連日の暑さの為に魔がさした ・・・ のだろうか?


   ところでたまたま偶然ではあるが別冊モーターサイクリスト誌406号(6月発売)
   ではクラシックバイク特集のシリーズの中でこのバイクの記事を載せている。
   ご多分に漏れずケッチンのことにも触れているので興味があったら読んで
    みてほしい。

   このバイクのケッチンは昔から悪名高く “ 凶器のキック ”とか
   “ ケッチン大魔王 ”とか異名が付いているらしいが今回の体験はまさしく
    『大魔王の逆襲』 にやられてノックアウト!



  
    











ポチッとお願い! ブログランキング参加中

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村

« 101. カブ カスタムとセピア色の思い出 | トップページ | 103. カブレーサーその40 スロットルバルブスプリングの強化 »

YAMAHA RT-1」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
もう2年前の話ですね。
実はわたしもRT1を所有していまして、おなじ2年前にアキレス腱付近に強烈なのを一発くらい、3針縫いました。同じ境遇の方がいたので思わずコメントを投稿しました。
現在も元気に乗られているのですか?
ちなみに私のはイエローストライプです。が、エンジン不調のためお休み中です。

sumi さん

初めまして コメントありがとうございます。
負傷から約10日経ちまして傷もやっと癒えて来ましたが
またキックを踏んでみようという気がなかなか起きません。
それなりの装備をしてやれば何ら問題ないとは思うのですが・・・
2サイクルにしろ4サイクルにしろこれがビッグシングルの魅力であり
怖さなんでしょうねぇ。

これからもごひいきに! またコメントお願いします。

初めまして、ブログ村から訪問しました。
京都のsumiと申します。

新車同様のRT-1にビックリしています。

私はSL250Sに乗っていましたが
友人がDT-1に乗っていたので
時々交代してDT-1に乗った事があります。
DT-1でケッチンの経験があるので
RT-1のは凄いと想像が出来ます。

又、訪問させて頂きますので
 宜しくお願いします。

Rockey さん

2サイクルビッグシングルのキックバックの怖さを今更ながら
思い知りました。
RT-1は発売後間もなくユーザーの間でこのケッチンと始動性の悪さの
不評があり、メーカーでその対策として後期型でデコンプを付けた様です。
おいらのRT-1はその後期型ですが 不用意な状態で暴れ馬に近づき、
乗らないうちにひと蹴りされた ・・・ という感じです。

痛そうですねぇ・・・・学生時代に友達のRTに何度か乗った事がありますが、誰がキックするか
じゃんけんで決めていました。ブーツは必需品でしたね。デコンプが付いていたとは
知りませんでした。
私はAT1にCT1のピストンやシリンダーを組み付けて乗っていました。
私の技量ではこれが丁度良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 102. RT-1 ケッチン大魔王の逆襲:

« 101. カブ カスタムとセピア色の思い出 | トップページ | 103. カブレーサーその40 スロットルバルブスプリングの強化 »