フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

デコもじ

リンクバナー

  • KENZGARAGE

カスタムバイクの製作

2011年12月 6日 (火)

67. HONDA ベンリイCD50カスタム ハンドルの見直し その2


           note ベンリイCD50カスタムのハンドル交換が終ったので
           その顛末をご紹介しておこう。

             ハンドルを交換する前にステアリングに生じたガタの原因を
             究明するという課題があったのでステム周りを検証してみた。

             先ずは下の画像を観ていただきたい。
             これは3月19日の記事中に載せたもの

Handle2



     wrench これはトップブリッジの剛性を上げるべく、肉厚のあるものに
        合わせてトップスレッドを旋盤で詰めてもらった。

        しかし、このカットの仕方がまずかった。
        上端のくびれをトップブリッジの厚みに合わせて残すべきだった。
        その為にステムシャフトをトップブリッジに通した時に
        ステム穴の方が2mmくらい大きくなり、結果ステムナットを締め付けても
        走っているうちにガタが出てしまう ・・・ というものだった。

         興味のある方はこちらを参照 downwardleft        
         20.HONDA ベンリイCD50 ⑪スペシャルトップブリッジ その1



For_auction_002

              wrench 加工したトップスレッドとノーマルトップスレッドの比較
                 くびれ部分がぴったりとトップブリッジの穴に勘合されて
                 初めて精度が保たれる。



 

Topbridge3


       
       wrench お解りいただけただろうか?
          素人の浅はかさでこんなミス加工をしてしまったが
          今回ポジションの関係でこの前ご紹介した郵政カブ用の
          トップブリッジを使用することになった。
          肉厚は薄くなるが、かなりしっかりとしたリブ補強が入っているので
          剛性は充分。 まぁ、結果オーライといったところか ・・・



Gif1


    wrench で、交換したハンドルがこれ

      DAYTONAの一文字タイプハンドル  ステンレス製
      直線タイプでなく、クラブマン等で使われていた手前に引かれたタイプ
      少し精悍さが失われたような気がしないでもないが背に腹は代えられぬ。

      脇を絞めたスポーツ走行をするには両端を30mmくらいずつ詰めても
      良いかもしれない。いずれにしてもこれでポジションはずいぶんと
      改善された。 とりあえずこれで様子を観よう。

      
画像上でクリックすれば前のハンドルとの比較ができますぜ


downwardright ポチッと押してくださいまし
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村

2011年8月13日 (土)

51. ベンリイ CD90S ボアアップレポート

  


             note  ところで友人から預かっていたベンリイ CD90Sの
                 ボアアップ作業が終ったので顛末をレポートしておこう。


Bore_up_0101

   wrench バイクと一緒に預かったボアアップキット。
      クリッピングポイント製で排気量108ccになるそうな。
      興味深いのはハイカムと一緒にロッカーアームまでがセットになっている。


Bore_up_0051


        wrench 4サイクルエンジン分解前のおいらのお約束

          そのone  圧縮上死点でのバルブタイミング確認

          以前 他人が組んだエンジンで 始動性が悪く、吹け上がりも悪い。
          オマケにキャブからは時々バックファイヤーが ・・・
          というエンジンをばらしてみたところバルタイがカムスプロケットの
           一山分ずれていた
ng ・・・ なんてことがあった。


Bore_up_0031

            そのtwo  現状でのコンプレッション測定
  
            8kg/C㎡ だった。 この年式だと経年劣化でリングのへたりや
            バルブの当たり不良があるだろうから妥当なところか・・・

   

            以上を確認したので後はとっととバラすのみ。



Bore_up_0091


            wrench ・・・ で、とっととバラした  クランクのガタは無かった。 
 


Bore_up_0081

              wrench  ピストンの当たりは良好で傷もなくきれいな状態
                 カムも山にかじりなど無くベアリングもガタは無かった。


Bore_up_0141

             wrench ロッカーシャフトを抜いてロッカーアームの交換


Bore_up_0151


           wrench 組み立て後のタペットクリヤランス調整  IN ・ EX共0.05mm



Bore_up1


     wrench で、キャブ装着前に再びコンプレッション測定  
10kg/C㎡
        おぉぉ、さすがはハイカム・ハイコンプピストン !
        圧縮が上がった為キックの足応えもグッと重くなった。

 

       キャブはPC型でベンチュリ径22㎜Φ  MJ#96  PJ#36 仕様


       motorsports ロードインプレッション

         ボアアップ前の試乗では物足りなさが残ったトルク感がグンと増した。
         組み上げたばかりのエンジンなのであまり高回転まで回さなかったが
         全域でトルクアップしており、楽しいエンジンになった。dash
         更にファイナルギヤを変更すればスピードの伸びも期待できるが
         後はオーナーの好みにお任せするとしよう。

downwardright  ポチッとお願い! 愛の一押し

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ バイク レストアへ
にほんブログ村

2011年8月 3日 (水)

49.水曜どうでしょう

                                                                                                                  

note 水曜どうでしょう と言うTV番組をご存知だろうか? HTB(北海道テレビ放送)のバラエティ番組だそうで、今でも不定期ながら放送されているらしい。  “良い子は深夜番組など見ないで早く寝る” 主義のおいらは見たことがないが知る人ぞ知るマニアック番組らしい。

201176_10 
で、このT シャツ なのだが『原付日本列島制覇 Tシャツ』というのだそうで 水曜どうでしょう のキャラクターグッズらしい。
HTBに注文してわざわざ北海道から取り寄せたのだそうな・・・


それがどうした・・・と言う声が聞こえてきそうなので説明しよう。バイク仲間の友人からこのたび “ベンリイカスタム”の完成祝いとのことでプレゼントされたもの。


しかし、
トラブル続きのベンリイカスタムなのでこれを着て汗をビッチョリとかきながら
sweat01キックを繰り返すおいらの姿が脳裡をチラッとよぎる。

                                     

201177_2


               note ムムム ... かなり賑々しいディテイル
         
                 これを着て風を切って走れってか・・・

                 オッサンのおいらとしてはチイッとこっぱずかしいなあ!

                 欲しい人こちらからどうぞ ⇒
HTB ONLINE

 







            wrench ・・・ で、その友人から預かったのが ベンリイ CD90S


Cd90s_0021


         wrench エンジンのボアアップをしたい  
            とのことでボアアップキットと一緒に 預かることになった。

            こうやってあらためて全体を眺めてみると小さいながら“これぞ
            バイクのスタンダードデザイン” という趣がある。
            こういう原点的なデザインは残すべきだし、もっとこういう形の
            バイクが増えてもいいんじゃないかなあ・・・


Cd90s_0011


       wrench この子 なかなかの男前  全体にきれいで塗装の程度も良く、
          リヤサスやマフラーは社外品だがかなりグレードが高そう。

          エンジン分解前に BEFORE leftright AFTER を比較する為に
          テストランをしてみたが 50に比べるとさすがに90はひとまわり
          余裕があり、抜けの良いマフラーと相まってそこそこの走りをする。


Cd90s_0031


             wrench 詳細は作業が始まったら紹介するがハイコンプピストン・
                ハイカム・ ビッグキャブで排気量108㏄になる予定。


                おいらのベンリイカスタムは次回にレポートしよう。
 











                            これは オマケ

Cd90s_0042


downwardright ポチッっとお願い!涼風さわやか、愛の一押し
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ バイク レストアへ
にほんブログ村