フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

デコもじ

リンクバナー

  • KENZGARAGE

閑話休題

2011年11月30日 (水)

66. 閑話休題  W650と紅葉

          note シーズンは 移りにけりな いたずらに
                    暑い寒いと 嘆息せし間に
   ...なんちって


         ここに書くシーズンとは快適なバイクツーリングのシーズンを指す。
              
         振り返ってみると今年はあまりツーリングに行けなかった。

          
         おいらの様なサンデー毎日の立場になると嫌でもボランティア的な
         仕事が自然に回ってきたりする。
         逃げる訳にも行かないので引き受けた結果、結構束縛が多い。
         で、それらの日程を避けてツーリングに行こうと思えば行けるのだが
         いつでも行けるとなると今日は暑いだの今日は寒いだの今日は体調
         が悪いだの ・・・ そんな手前勝手な理由でグズグズしている内に

         ・・・時は流れ 季節は移ろい、今シーズンも終っちまった。



091

             ここは吉見町の八丁湖
             おいらの自宅からは5~6kmのところにあり、いつもバイクで
             散歩するコースの途中にあるスポット

             小さな湖だが湖畔に周遊道が設けてあり今頃行くと
             (少し遅いが・・・)結構紅葉が楽しめる。



0041

       日々の生活を時折改めて考えてみる ・・・
       あれもしたい、これもしたい ・・・ と欲張ってはみても体は身一つ
       思うようには動けないし、進めない。

       おいらがいつも肝に銘じている言葉


      どんな時でも何をやっていても一日は一日として確実に過ぎていく


       一日一日の大切さが最近は身に染みる ・・・

0171
141_5
                    

                  ところで八丁湖の紅葉をご紹介しよう。
                  盛りを過ぎたとは言え、捨てたもんじゃありませんぜ。

                     好きな画像上でクリックして見てね。


0161_2   0151_3


               




0181


           

             bud 今度は真面目に一首 

           

              note  見慣れたる 景色の中で 行く秋は
                        水面に紅葉 浮かばせており 


downwardright ポチッと押して下さいまし            

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村

2011年3月25日 (金)

23.奇跡の一本

20110325095606_00001_5

ご存知の方も多いかもしれない。


おいらはこの写真を見ていると熱いものがこみあげてきて自然に涙があふれてしまう.....


昨日はテレビのニュースで紹介され、今日は読売新聞の社会面で「奇跡の一本」と
題して紹介された。 この画像はその切り抜き写真をスキャンしたもの。


津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田市 「高田松原」の数万本の松がほぼすべてなぎ倒される中、奇跡的に一本だけ生き残った・・・とある。


人が...車が...家が...そして仲間の松が押し流されていく中 お前は踏ん張って耐え抜いたのか・・・


凛として立つその姿は 後光が射している様な神々しささえ感じる。


しかし、背後に広がる壊滅した市街地の光景との対比を見ていると松のけなげさと被災者の悲しみがオーバーラップしてあまりにも切ない。


でも この松はきっとこれからの復興のシンボル・希望の象徴になるに違いない。


いつの日にかこの地を訪れた時 真っ先にこの松のところへ行き、幹をさすり、声をかけてやりたい。


・・・・・よく頑張ったな、 よく耐えたな・・・・・と。

2011年3月24日 (木)

21.閑話休題

明治の震災以来 最大・最強といわれるあの忌まわしい地震から2週間が経った。

日を追うごとに死者・行方不明者の数は増え続け、本当に胸の痛む毎日。

原発の予断を許さない状況も決死隊の皆さんの奮迅の努力が放射能漏れのボーダーラインを辛うじて支えているという現実。

一方で被災地への支援の輪は金銭的にも精神的にも 国内はもとより世界中に広がり始め、現代人の人情も捨てたもんじゃないと思うこの頃。

しかし、寂しいと思うのはここのところ 自粛だ ! 中止だ ! ・・・というのが多すぎない?

確かに今の日本が大変なことになっているのは間違いない。しかし、これから必要なのは復興して行く元気であり活力なのだ。  必要以上に日本人全部が沈滞ムードに陥ってしまうと世界から取り残されてしまうのでは・・・

電気や燃料の節約を踏まえた上でスポーツだってイベントだってどんどんやればいいんだ。

コマーシャルだって毎日鼻に付くようなACのCMだけじゃなくて今まで通りのCMをどんどん流してTV局はその広告収益の一部を義援金に回しても良いのでは・・・



(以上  ここのところ気になる世の中  おいらの独り言)