フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

デコもじ

リンクバナー

  • KENZGARAGE

クラシック イベント

2013年5月 7日 (火)

124. @ Good Oldays 2013

Good_oldays 
毎回カスタムの話題ばかりでもつまらない
ので今回はクラシックイベントの話題を
レポートしよう。

連日の天気の良さに誘われて
連休最後の5月6日ツーリングがてら
ツインリンクもてぎ へ行って来た。

@Good Oldays の話題をどうぞ。

P1020030

motorsports 毎年GW頃に行われる恒例のイベントだが一昨年は大震災の為
   中止となり、昨年は行われたものの雨に祟られてさんざんだった
   らしい。

 

      このイベントの主な内容はホンダコレクションホール展示車両の
      動態確認を兼ねたデモランと申し込み参加車両によるサーキットの
      スポーツ走行でライセンスがなくても走れるらしい。

      車検はあるが自分で仕立てた旧車のレーサーを持ち込んで
      思い切り走らせることができるという・・・アマチュア草レーサーに
      とっては自分の腕とマシンのポテンシャルを試せる絶好の
      ステージとなる。

 

   今年のデモラン車両はマン島TTレースで活躍したRC142(125㏄)と
         
   RC116(50㏄)ということでテスト走行に先駆けて展示される。

P1020010_2

       motorsports 時間になるとコレクションホールのスタッフが2台のマシンを
          引っ張り出し、ウオームアップを始める。

          “好き者” にとってはたまらない “ホンダミュージック” だ。

P1020011


     

        motorsports 先ずはRC116   元ホンダのワークスライダー宮城 光 氏が
           半クラを駆使しながらコースへ。

            しかし、このボディにこのライダーの臥体は何となくマシンが
           かわいそう。エンジンの咆哮というよりは悲鳴と表現するべきか・・・

P1020015

      motorsports 続いてRC142を走らせるお馴染み 菱木 哲哉 氏
        

         このマシンは1959年のマン島TTレースで谷口 尚巳が駆って
         6位入賞を果たしている。

P1020022

 

         motorsports テスト走行を終えてインタビューを受ける両ライダー

             しかし、この頃のレーサーは本当にかっこいい!
             特にこのアングルからのスタイルは何とも言えず魅力的だ。

P1020040

         motorsports 一方、一般参加車両のピットではワークスレーサーの動態確認
            テストなどそっちのけでサーキット走行に備えて自分のマシンの
            調整に余念がない。

            あちこちのピットからは時々ブリッピングの爆音が轟く。

P1020038

      motorsports 調整を終えていざコースへ!  
         これはAクラス(ヒストリック日本車スモール)の参加車両達
         スポカブやC200 ・ CB92やCB93に混じってBSやランペットの
         レーサーも気を吐いていた。

         ピットでマシンやライダーを眺めているうちにおいらもこのスポーツ 
         走行に参加してみたくなった。
         しかし、それにはそれなりのマシンを仕立てないと ・・・・ ウ~ム

 

 

 

         

downwardright ポチッとお願い!ブログランキング参加中         

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

2012年10月23日 (火)

108. オールドタイムラン みかも 2012



  note バイク仲間数人と栃木県栃木市の「道の駅 みかも」で行われた       
     毎年恒例のクラシックイベント “オールドタイムランみかも” に行ってきた。

     全員が市町村ナンバーの原付で行くということでおいらは “なんちゃって
       カブレーサー”で参加。 完成後 未だ耐久テストをやってなかったので
       距離的にも手頃な 近さだし、ちょうど良い機会だった。

     このイベントも今年で第6回目だとかで年々エントラントもギャラリーも
       増える一方で盛況だ。 ただ、土地柄なのかエントラント車両にラビットと
       メグロガ多いのが少々気になるところだ。


Touhokub_040


  

   note イベントそのものはアーチ型の看板の下 連綿とこんな光景が続く。

     マシンとオーナーの名前が 読み上げられた後 エンジンをかけ
     衆人注視の中 赤いじゅうたんの上を駆け抜けていく。
     会場を出発した後は渡良瀬遊水池を一周してくるのだそうな。


      エントラント車輌や出展車輌のご紹介は他のブログサイトにお任せしよう。


Touhokub_006

 

  note ところでおいらのバイクは会場の駐車場に停めたのだが主催者の方からの
     要請で展示スペースに置いてくれとのことで引っ張り出された。

     カスタムバイクのイベントなら喜んで展示するところだがここはクラシックの
     イベントなのであまり気が進まなかったが仕方ない。
      戦前生まれとおぼしき ビンテージバイクと肩を並べることになった。
     おぉぉぉ、何という違和感 ・・・・・ しかし、おいらの知ったことか!



Touhokub_023

 

note そうこうしている内にやはり変り種ということで主催者の目に留まったのだろう。
   カスタムモンキーが隣に引っ張り出された。 仲間が増えた ・・・

   ムムム ・・・ これはすごい! かなり入れ込んだこだわりのCB750仕様
    外装パーツはもちろんのこと足回りから4本マフラーまでこだわってレプリカ
   している。 この力作 並みの努力ではできませんぜ!



Touhokub_015

 

 note もうひとつご紹介しておきたいすんごいカスタムバイクがある。
    これはエントラント車輌でも出展車輌でもない。駐車場で見つけたCB72
     たまたまオーナーがバイクの傍に居たので話を聞いてみた。



Touhokub_017

 

  note タンク・シートカウル・フェンダー・ライトケース・パニアケース等の外装は
    アルミの叩き出しで全て自作 何とフレームまでアルミ製の自作なのだそうだ。



Touhokub_022

 

   note ディテイルの一部をご紹介しよう。 何ともすごい気合の入れ方 ・・・

      マフラーはステンレス製のメガホンでこれも自作なんだそうな。
       ・・・ ここまで話を聞いてきて気が付いた! 思い出した!

      あ、このオッサン(失礼!)昔おいらが部品交換会でCP77用に購入した
      ワンメークのマフラーを買った人だ ・・・

      おいらと同じ団塊世代とおぼしき年代の人だがやはりこのオッサン
      “ タダモノではなかった ”。

 

Touhokub_047

 

note イベント終了後 それぞれに予定があるとのことで仲間とは会場で解散

     時間があったので帰途 館林市で 「史跡 館林城跡」に立ち寄ってみた。
    イベントの喧騒を離れてタイムスリップしたような静寂の空間が妙に心地良い。


 

Touhokub_051

 

    note 手前味噌になるが不思議にこのカスタム個体が和の景色に溶け込んで
       居るような気がするが如何だろうか?

 

       バイクは好調で何のトラブルも無く行ってこられたので耐久テストは
       これで良しとする。 しかし、シートを細身に作ったせいか尻が痛く
       なるのが難点で 玉に傷 といったところか ・・・



downwardright ポチッとお願い!ブログランキング参加中

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村

2011年10月30日 (日)

62.クラシックカー フェスティバル

            

           note 今度の日曜日こんなイベントがあるぜ~

              

                       ・・・ てな情報を友人から聞きバイクでプラ~と出かけてみた。




Classic_car_022


             
note ここは隣町の北本市総合公園
                 ここでクラシックカーのフェスティバルがあるそうな ・・・
                 どうやら市の文化祭の一環としてのイベントらしい。
                  バイクの展示もあるらしいので楽しみだ。


P1010362

 

                note 会場内はこんな感じで野球のグランドがそのまま
                    展示会場に充てられている。

                     

                                             展示車をピックアップしてご紹介しよう。
                   各画像上でクリックすれば大きくして見られますぜ。


Classic_car_010


          note 日本の軽四輪車の先駆けとなった名車
              スバル360 ・ ホンダN360 ・ ホンダ水冷Z ・ ミゼット ・・・
 
              スバルもエヌッコロも水中メガネ(Zのあだ名)も若い頃に
              一度は所有していた車達だ。 懐かしい!


Classic_car_027


                

               note 初期の トヨペット・クラウン、プリンス・グロリア
                   ダットサン・ブルーバード、いすゞ117クーペ ・・・



Classic_car_031

           
          note ダイハツ・コンパーノ スパイダー、いすゞべレット1600GT
              ダットサン・フェアレディZ、マツダ・コスモスポーツ クーペ

              昔、後輪をハの字型にセットしたネガティブキャンバーの
              ベレG カスタムが一時はやった。
              かっこ良かったなぁ ・・・ (画像の車ではない)


Classic_car_005


         

        note ジャガー・Eタイプ、モーガン+8、シボレー・ベルエア、MG ・・・


Classic_car_003

 

                      note ド肝を抜かれたのはこの車  シボレー・ベルエア
             おいらはこの車のことは何も知らなかったので かわいそうに
             後輪を外されて “腰が抜けている” のかと思った。


Classic_car_028

 

                 note  どうやらこのエアーレギュレーターらしきもので
                     サスの高さを調整するらしい。
                     何の為にそんなことをするのかよく解らん?


Classic_car_006

 


       note ところでバイクの出展は5~6台と 寂しいものだった。
          その中でちょっとインパクトのあった一台がこれ。
          60年代USA向けレジャー仕様のスーパーカブC100
          ・・・ と、思いきやエンジンはOHVではなくOHCのクラッチ付 
          エンジンが載っていた。

          しかし、タンクやシートは本物でなかなか良い雰囲気を醸していた。

downwardright ポチッと押してくださいまし

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ シニアライダーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ バイク レストアへ
にほんブログ村